三枝成彰 新作モノオペラ

「悲嘆 Grief」
~愛する人に殉じた女の物語~

悲嘆 Grief
物 語

舞台は1936年、東京の簡素な家の寝室。着物を着た若い女、トミコが夫の亡骸の傍らに座っている。その夫は226事件の首謀者の一人として捕えられ、刑死したのだ。夢のように幸せだった結婚生活はたった半年で終ってしまった。トミコは、夫を裏切り刑死に追い込んだ人々を呪わずにいられない。

ふたりが出逢ったのは、トミコが15歳、彼が23歳のときだった。大恐慌で父の事業が破綻、舞妓となったトミコは老人の愛人となることを強いられる。その苦境から彼女を救い出してくれたのが彼だった。運命に導かれるように恋におちた二人はまもなく結婚。トミコは幸せの絶頂に酔いしれる。しかし、幸福は長くは続かなかった。

夫は新しく輝かしい世の中を創ることを夢見た末に、幸せな家庭よりも男としての本懐を遂げることを選んでしまった。夫の亡骸を見つめながら、トミコは彼女の若いからだがもはや誰のものでもないことを悟り、悲嘆にくれる。彼女を置き去りにした夫を恨み、彼を死を与えた権力を呪っても、その悲しみが癒えるはずもない。トミコは、小さな思い出を記憶から手繰り寄せて、彼の面影を呼び戻そうとするが、悲しみは深まるばかりだった。

亡き夫の遺書には、未亡人となっても生き続けて、それぞれの両親に孝養をつくすよう記してあった。生き続けるか、夫の名誉を回復するために彼女も死を選ぶか・・・トミコは心のなかの葛藤に苦悩する。気持ちを抑えるために髪をときながら、やがてトミコは自分がなすべきことを悟るのだった――。

チケット発売
2007年12月8日(土)10:00販売開始
公演日
2008年4月8日 (火)
時 間
開場/18時30分~  
開演/19:00~
会 場
サントリーホール
Tel:03-3505-1001 
所在地
〒107-8403 東京都港区赤坂1-13-1
台 本
サー・アーノルド・ウェスカー
作 曲
三枝成彰
出演者
■指揮:森本恭正
■ソプラノ:中丸三千繪
■演奏:
 オーボエ:庄司知史  クラリネット:野田祐介、有馬理絵、伊藤圭
 パーカッション:永曽重光  シンセサイザー:岩井美貴
 ヴァイオリン:甲斐史子、花田和加子、友永優子、田中園子、
 横山和加子、上野真理、佐藤まどか、宮本恵、小松美穂、宮野亜希子
 ヴィオラ:木佐貫美保、吉田有紀子、阪本奈津子、佐藤佳子
 チェロ:大友肇、松本卓以、多井智紀
演 出
サー・アーノルド・ウェスカー
照 明
海藤春樹
企画・制作
メイ・コーポレーション
席種・料金
(税込)
SS席 15,000円 ※好評発売中
S席 10,000円 ※好評発売中
A席 7,000円 ※好評発売中
B席 4,000円 ※好評発売中

2007年9月1日(土)10:00販売開始
 チケット
ご購入
※ 本ホームページからの取扱いチケットはすべて完売いたしました。
チケットをご希望の際は、お手数ですが下記「電子チケットぴあ」にお問合せください。
その他
チケット取扱い
電子チケットぴあ
0570-02-9999(Pコード:277-952)
0570-02-9990
(クラシック専用 オペレーター対応)
 お問合せ
メイ・コーポレーション 
電話: 03-3584-1951 ファクス: 03-3584-1952
メール: office@saegusa-s.co.jp
協 賛 トヨタ自動車株式会社、JFEホールディングス株式会社、他